オフィスに適した机を選ぶ

1台1万から3万円が相場

デスク

オフィスやお店に必ず必要なものが事務机です。
一般的な事務机の種類としては平机、片袖机、両袖机があり、木材やスチールなどの素材により金額はさまざまです。
室内の広さや用途に応じて最適な事務机を選ぶことは執務を快適に行う上で重要なことであり、オフィスやお店のイメージに直結するため慎重に選ぶ必要があります。
平机には引き出しなどの収容部分がありませんが、キャビネットと組み合わせることにより事務机として機能します。
一般的なものであれば1台1万円前後が相場で、天板が木目調や特殊加工が施してあるものでも1万5千円前後で購入できます。
キャスター付のものが多くレイアウト変更が多いオフィスなどに最適です。
片袖机は右側に2段もしくは3段の引き出しがある最も一般的な事務机です。
大きさによって多少幅があるものの2万円前後が相場で、引き出しにカギがあるものと無いものがありますが、金額に大きな違いはありません。
両袖机は左側に2段、右側に3段の引き出しがあり、片袖机に比べて天板が大きく事務作業以外にもワークスペースとしても利用できます。
収納が十分でパソコンやビジネスフォンを置いても十分な広さが確保できます。
金額は3万円前後が相場で、主に役付きや管理監督者の机として使用されることが多いです。
事務机は大きい方が作業するのに便利ですが、オフィス内の動線を考えて配置しなければなりません。
効率よく作業するために、最適な事務机を設置しましょう。

事務に欠かせない机

社内

快適な仕事をオフィスで実現するには、室内の設備の充実が欠かせません。
特に注目したいのは、事務机でしょう。
オフィスの外観や業務内容に合った事務机を選択することが、業務の効率アップに繋がります。
適した事務机を選ぶ際には、その種類を把握するところから始めましょう。
最もシェアが高いのは、全体が白く、右側に引き出しがあるタイプの事務机です。
使い勝手が良く、色々な場面に応用できることから高い人気を誇っています。
また、引き出しについては取り外しが可能になっているものもあります。
また、上役が使用するのに適した高級感のある事務机もあります。
その他に変わり種としては、ラックがついたタイプの事務机も存在します。
事務机の種類は豊富なため、きっとオフィスに適したものが見つかることでしょう。
また、こうした事務机は店頭で購入することもできますが、通販を利用するとより便利です。
豊富な種類の事務机を楽にチェックできますし、オフィスまで届けてくれる点も非常に魅力的です。
また、こうしたサービスには送料無料オプションがついていることもあります。
よりオトクに購入できるため、しっかりチェックしていきましょう。
事務机選びに大切なポイントとしては、人間工学に基づいているか、という点が挙げられます。
人間にとって作業しやすい高さや角度というものが存在するため、それに合った事務机であることが求められるのです。
製品を選ぶ際には、そうした面からもチェックすると良いでしょう。

費用の負担が抑えられる

男の人

事務机を会社で購入するときは、費用を抑える工夫として、中古を利用する方法があります。
中古の事務机は、業務用販売の通販や店頭で行われていることで、新品と比べて価格が安く抑えられています。
起業や移転などで備品をそろえなくてはいけないとき、初期費用が大きくかかってしまいます。
しかし、工夫をすることで費用をだいぶん抑えることができるのです。
事務机の中古品は、通販では分かりやすいように新品と分けて販売されています。
画像もたくさん公開されているので、通販であっても中古の状態がよく分かるようになっています。
事務机は働く人の人数分揃えなくてはいけない場合もあるので、同じデザインを一式揃えるのもよくあります。
その場合の中古の事務机は、業務用の事務机が一式販売されていることも珍しくありません。
中古品は不要になった物を会社側からそのまま買取っているので、一式そろっている物も少なくないのです。
場合によっては大量に同じデザインの事務机を揃えていることもあるので、社員の数が多くても用意できる可能性もあります。
これなら、事務机のデザインを一緒にすることができるため、ちょうどいい買い物ができます。
新品の事務机は、1台でもそれなりの価格が多いです。
けれども、中古品はその価格の1/10以下の場合もあり、見た目や機能は特に問題のない物がほとんどです。
通販や店頭では、中古品のクリーニングを行っているところもあるので、よりきれいで清潔感のある事務机が利用できます。

オフィスに適した机を選ぶ

デスク

事務机は大きく3種類に分類されます。平机の相場は1万円前後で、収容部分がありませんがキャスター付のものが多く、レイアウト変更が多いオフィスで重宝します。一般的な片袖机は右側に引き出しが付いており、2万円前後が相場となっています。両側に引き出しがある両袖机は主に管理監督者向けで3万円前後が相場です。

もっと読む

事務所の整理をするなら

男性と女性

事務所の整備をするときには、どういった空間にするかを設定し、それに合った事務机を購入することです。比較的多い、個人へ割り当てられる事務机は、ネット上では、1万円台でシンプルなものが入手することができるようになっており、運送面や不用品回収も含めて検討することです。

もっと読む

作業能率を上げる机の配置

オフィス

作業能率を上げるにはオフィスのレイアウトがとても大事です。特に事務机の配置によって、仕事のしやすさが変わってきます。まずやることは接客スペースとトイレや給湯設備の導線を確保することです。それが決まってから、事務机の配置を考えます。狭いオフィスなら島型配置が、広いスペースなら独立型配置が効果的です。

もっと読む