作業能率を上げる机の配置

島型配置と独立型配置

オフィス

オフィスは仕事の前線基地です。
頻繁に電話がかかってきますし、訪問客への対応もあります。
仕事の能率が上がるようなオフィスにするためには、事務机のレイアウトが非常に大事になります。
狭いオフィスに事務机が雑然と並んでいるだけで、士気に影響するのです。
事務机のレイアウトを考える上で大事なのが、導線を考えることです。
オフィスの広さにもよりますが、まず第一に接客スペースをどこにするかを決めます。
接客スペースは来客との商談に用いるので個室が望ましいのですが、広さの関係で無理な場合はパーティションで区切るなどの工夫をします。
一般的には来客スペースは入口に近い場所になります。
次に考えるべきは給湯設備やトイレへの導線です。
導線がストレートであればあるほど、給湯設備やトイレを利用しやすくなります。
また接客スペースの隣に給湯設備やトイレがあると不都合なので、そのレイアウトも考慮する必要があります。
この2つの導線を決めた上で、事務机のレイアウトを考えるのが基本です。
比較的狭いオフィスの場合は、事務机を1箇所に寄せ合う島型配置がおすすめです。
島型配置の場合は事務机の置ける台数がわかりやすくなります。
接客スペースや給湯設備などとの導線もとりやすくなります。
広いスペースで余裕がある場合は、1人1人の能率をあげやすくするため独立型の配置にします。
壁に向かって配置する方法や、社員同士の目線がぶつからないような配置の方が作業能率は上がります。
事前にミニチュアを作ったり図面をこしらえて配置を色々と変えてみると、スムーズなレイアウトができます。

作業効率と動線を考慮する

オフィス

オフィスやお店に事務机は必須アイテムですが、購入する前にしなければならないことがあります。
それは事務机を設置する場所の作業効率を考えたレイアウトを考えておくことです。
広いオフィスに小さい事務机が点在していたり、狭い店内に大きい事務机があると作業効率が著しく悪化します。
まず、設置場所の広さを計ってから事務机の必要台数を元にレイアウトを考え、カタログに記載されている寸法を参考にしながら最適なサイズの事務机を選びます。
この時にオフィスの出入り口や他の什器の位置、人の動く動線を考えてサイズを決めると良いでしょう。
レイアウトはオフィスを印象付けるものになるので、しっかり検討することが大切です。
サイズが決まったら事務机の種類を選びます。
収納の全く無い平机、右側に引き出しのある片袖机、左右両方に引き出しがある両袖机が基本ですので、作業に適したものを選びましょう。
最後に購入方法ですが、大型家具店やホームセンターなどでも扱っているので実際に店舗で見て購入する方法と、インターネットを利用する方法があります。
特に、インターネット上には事務物品専門店や家具店のサイトがたくさんあるので、店舗を回るよりも効率が良く、品数も豊富で価格の比較も簡単にできるのでおすすめです。
配送料金を無料としているサイトが多く、追加料金で組み立ててから配送してもらえるオプションを用意しているサイトもあるので、予算に合わせて検討しましょう。

使い勝手を考える

デスク

最近のオフィスはデザイン性に優れ、オシャレなところが多くなっています。
昔ながらの事務机ではなく、大きなテーブルを利用するなど、オフィスインテリアにこだわりを持っている会社も多くなっているのです。
もちろん、昔ながらの事務机も役立ちます。
その会社の業務内容などによって、どんなインテリアが必要なのか、よく考えて導入しましょう。
また、独立起業も多くなってきています。
最初は何かと費用がかかるものです。
あまりオフィスインテリアにお金をかけることができないという会社もあります。
そんな時には中古の事務机などをそろえましょう。
中古なら安く手に入れることができます。
例えば、倒産した会社から安く買い取ったり、無料で引き取れたりすることもあるのです。
このような情報はインターネットやツテなどを利用すれば、簡単に入手できます。
様々な情報を有効活用しましょう。
最初はたった一人のオフィスであっても、事務机は必要です。
事務机の上にパソコンを置いたり、その上で仕事をしたりすることは一般的だからです。
そのため、使い勝手の良い事務机を用意しましょう。
最近は書類などを手書き作成することはなくなってきます。
何を作成するにしてもパソコンを使うことがほとんどです。
よって、事務机もパソコンを設置しやすいような広いものを用意すると便利です。
もちろん、デスクトップパソコンに限らず、ノートパソコンでも仕事内容によっては十分なことがあります。

オフィスに適した机を選ぶ

デスク

事務机は大きく3種類に分類されます。平机の相場は1万円前後で、収容部分がありませんがキャスター付のものが多く、レイアウト変更が多いオフィスで重宝します。一般的な片袖机は右側に引き出しが付いており、2万円前後が相場となっています。両側に引き出しがある両袖机は主に管理監督者向けで3万円前後が相場です。

もっと読む

事務所の整理をするなら

男性と女性

事務所の整備をするときには、どういった空間にするかを設定し、それに合った事務机を購入することです。比較的多い、個人へ割り当てられる事務机は、ネット上では、1万円台でシンプルなものが入手することができるようになっており、運送面や不用品回収も含めて検討することです。

もっと読む

作業能率を上げる机の配置

オフィス

作業能率を上げるにはオフィスのレイアウトがとても大事です。特に事務机の配置によって、仕事のしやすさが変わってきます。まずやることは接客スペースとトイレや給湯設備の導線を確保することです。それが決まってから、事務机の配置を考えます。狭いオフィスなら島型配置が、広いスペースなら独立型配置が効果的です。

もっと読む